凱旋門

パリの観光名所2023

一度は訪れたい!パリの観光スポットTOP15

パリに来たら必ず訪れたい観光地やスポットをまとめた究極のリストをお届けします。

フランス・エッフェル塔

エッフェル塔

パリのシンボルとして欠かせない存在であり、もちろんパリを旅したら必ず見ておきたい観光スポットのナンバーワン。セーヌ川左岸に位置し、シャンゼリゼ通りのすぐ隣。この象徴的なランドマークは、ギュスターヴ・エッフェルが高さ323mの錬鉄製の塔を設計したことから、その名が付けられた。

毎年700万人以上の人々が訪れるエッフェル塔は、パリの象徴であり、パリでぜひ訪れたい観光スポットの上位にランクインしているのは当然のことでしょう。

エッフェル塔の営業時間

エッフェル塔の開館時間は毎日 午前9時30分~午後10時30分.

パリの代表的なランドマークを訪ねる!

ルーヴル美術館

ルーヴル美術館は、世界で最も著名な美術館です。ダ・ヴィンチの絵画「モナリザ」や、中庭にあるガラスと金属でできたピラミッド型の建造物が有名です。毎年800万人以上の人々が、38,000点もの素晴らしい作品を見に訪れるルーヴル美術館は、世界で最も訪問者数の多い美術館でもあるのです。

ルーヴル美術館の開館時間

  • ルーヴル美術館は 定休日:火曜日 
  • 月曜日、水曜日、木曜日、土曜日のルーブル美術館の開館時間 午前9時から午後6時まで。
  • 金曜日のルーブル美術館の開館時間 午前9時から午後9時45分.
  • ルーヴル美術館はまた 1月1日、5月1日、12月25日は休業です。

パリのルーブル美術館を訪れて、世界的に有名な芸術作品を鑑賞しよう!

ルーヴル美術館ツアー
凱旋門

凱旋門

1806年、ナポレオン・ボナパルトはアウステルリッツの戦いでの自軍の勝利を記念して、当初このアーチを構想した。凱旋門は30年の歳月をかけて完成し、現在では世界最大の凱旋門となっている。彫刻が施されたアーチの下にある永遠の炎は、1923年11月11日から毎日午後6時30分に再点灯している。凱旋門を登り切って地上に戻ったとき、アーチの中央に厳かに鎮座する「無名戦士」の墓に思いを馳せてみてはいかがだろうか。

凱旋門賞の営業時間

凱旋門の開館時間は 午前10時00分から午後10時30分まで.最終入場は閉場時間の30分前とする。アークは1月1日、5月1日、5月8日(午前中)、7月14日(午前中)、11月11日(午前中)、12月25日が休館日です。

凱旋門の屋上に登って、パリの素晴らしい景色を堪能しよう

パリのツアーやチケットをオンラインで予約して、パリのアトラクションや象徴的な場所をもっと探検しましょう。

パリにあるその他のアトラクションや楽しいアクティビティ、興味深い場所をご紹介します。

ムーランルージュ

ムーランルージュ

ムーランルージュは、おそらく地球上で最も有名なナイトクラブです。1889年にシャルル・ジドラーとジョセフ・オラーによって設立されて以来、ショービズ界のスター、俳優、ミュージシャン、大物たちがその扉をくぐってきたのである。そして、観光客はともかく、このキャバレーはパリの人々にも愛され続けている。

ムーラン・ルージュは、20世紀を代表するダンス発祥の地です。舞台では、60人のカンカンが2時間にわたって完璧なシンクロで踊る「Féerie」ショーが繰り広げられます。脚は思いのほか高く蹴り上げられ、衣装はまばゆく、「ハーフタイム」の演技は陽気なものです。シャンパンを飲めば、究極のフレンチナイトのできあがりです。 

ムーランルージュの象徴的なショーを鑑賞しよう

カタコンベ

パリ・カタコンベ

Les Catacombesとしても知られるパリのカタコンベは、訪れるべきパリの観光スポットの中でも最も不気味なものの1つです。街の通りの下にある全長3,000kmの古代の採石場ネットワークの中に、カタコンベの壁や天井を飾るために使われた、約600万人の遺骨が収められているのです。納骨堂は1738年に建てられ、19世紀初頭から観光名所となっています。

パリの地下を探検しよう

リュクサンブールガーデン

リュクサンブールガーデン

セーヌ川左岸のサンジェルマン・デ・プレとラテン地区の間に、リュクサンブール庭園はあります。17世紀初頭、この庭園とその中にある宮殿は、マリー・ド・メディチの邸宅であった。庭園は、彼女が生まれたフィレンツェのピッティ宮殿とボーボリ庭園を模して造られた。

ルクセンブルク庭園は入場無料で、季節によって開園時間が変わりますが、まだ外が明るいようなら開園しているはずです。

オペラ・ガルニエ・パリ

パレ・ガルニエ

1861年から1875年にかけて建設されたパリのオペラハウス「ガルニエ宮」は、パリで最もエレガントな建築物の一つである。この建物の南側ファサードの装飾だけでも、14人の画家、モザイク画家、73人の彫刻家のチームが制作に携わりました。小説やミュージカル「オペラ座の怪人」から、1964年に建物自体に公開されたマルク・シャガールの絵画天井まで、この建物は長年にわたって素晴らしい芸術作品にインスピレーションを与えてきたのです。

ガルニエ宮の営業時間

ガルニエ・パレは 営業時間:10:00AM~5:00PMただし、午後の公演がある日や例外的な休館日を除きます。また、夏期には 7月17日から8月30日まで、ガルニエ宮の開館時間は午前10時から午後6時.

ヨーロッパ最大のオペラハウスを訪ねる!

サント・シャペル

1240年代、信仰心の篤いルイ9世(後の聖ルイ)は、キリストの「いばらの冠」と思われるものを手に入れた。そして、その王冠を納めるのにふさわしい壮麗な場所を探した。

彼は、王室礼拝堂として壮大なサント・シャペルの建設を命じました。15mの高さの窓には、聖書の数百の場面が描かれ、バラ窓の黙示録に至っては、まさに驚嘆に値する。

サント・シャペル勤務時間

  • 1月2日〜3月31日午前9時~午後5時
  • 4月1日〜9月30日午前9時~午後7時
  • 10月1日〜12月31日午前9時~午後5時

パリのサント・シャペルのステンドグラスに驚嘆!

サント・シャペル チケット
ノートルダム

ノートルダム大聖堂

2019年に起きた悲劇的な火災のため、大聖堂は観光客の立ち入りを禁止している。この素晴らしいゴシック様式の大聖堂を外から見ることはできる。パリのノートルダム大聖堂は2024年に観光客向けに再オープンする予定だ。

コンコルド広場

コンコルド広場

コンコルド広場は、広さ7.6ヘクタール、パリ最大の広場です。シャンゼリゼ通りとチュイルリー庭園の間に位置する。フランス革命の際、国王ルイ16世とその妻マリー・アントワネットをはじめとするフランス貴族がここでギロチン処刑された。

ドルセー美術館

オルセー美術館

オルセー美術館は、1900年の万国博覧会への来賓を迎えるために駅として建設されましたが、その後、世界有数の美術館になりました。現在、ボザール様式の見事なオルセー駅には、印象派とポスト印象派の傑作を集めた世界で最も充実したコレクションが展示されています。オルセー美術館には、モネ、ルノワール、ゴッホ、スーラといった芸術家たちの絵画2,000点以上と彫刻600点以上が展示されています。オルセー美術館に展示されている作品は、1848年から1914年の間に制作されたものです。オルセー美術館は、今日、パリで最も人気のある観光名所・美術館のひとつです。

オルセー美術館開館時間

  • オルセー美術館は 月曜定休
  • 火曜日~日曜日 午前9時30分~午後6時00分

オルセー美術館の中で印象派の名画を鑑賞!

ベルサイユ宮殿

ヴェルサイユ宮殿は、かつての王宮であり、パリ郊外にある豪華な複合施設である。長年にわたり、この宮殿はその建築の壮大さと政治的な歴史から、人々の想像力をかきたててきました。その豊かな歴史と美しい内観・外観から、ヴェルサイユ宮殿はパリ旅行で必ず訪れたい観光スポットとなっています。

宮殿のガイド付きツアーや1日ツアーを予約して、その魅力的な歴史と息を呑むような美しさを堪能することを強くお勧めします。

ヴェルサイユ宮殿の開館時間

  • ヴェルサイユ宮殿は 月曜定休
  • 火曜日~日曜日 午前9時00分~午後5時30分

ヴェルサイユ宮殿を存分にお楽しみください。

ヴェルサイユ宮殿
マレ

ル・マレ地区

パリのマレ地区は、アートギャラリーやモダンなブティック、LGBTQ+フレンドリーな施設などでよく知られています。その昔、この界隈にはフランス貴族の有力者が集まっていました。その後、この地区は、首都パリで最もトレンディーな場所として、新たな息吹を吹き込んでいます。 

また、この地区は、散策したり、地元の食材店を発見したり、パリのガストロノミーシーンに少し親しむには素晴らしい場所です。

パリのル・マレ地区を散策する、素敵なウォーキングフードツアーに出かけましょう。

ポンピドゥー

ポンピドゥー・センター

モダンアートや建築がお好きな方には、ポンピドゥー・センターの訪問を強くお勧めします。リチャード・ロジャースとレンゾ・ピアノが手がけたこのセンターは、1977年にオープンして以来、現代美術やモダンアートの基準点となっています。芸術が苦手な方でも、エスカレーターで5階まで上がれば、パリの絶景を楽しむことができます。

ポンピドゥー・センターの営業時間

  • ポンピドゥー・センターは火曜日が休館日です。
  • 月・水・金・土・日午前11時〜午後9時
  • 木曜日11:00 AMから11:00 PM
モンパルナスタワー

モンパルナスの塔

エッフェル塔は、光の都パリの素晴らしいパノラマビューを堪能できることで有名ですが、モンパルナスタワーの頂上から見る360度の全景に勝るものはありません。パリのスカイラインにあるこの唯一の超高層ビルには、14区の地下鉄駅とモンパルナスSNCFのすぐ向かいに、美しいテラスがあります。そこからは、フランスの首都の最も息を呑むような景色を楽しむことができます。愛の都を眺めながら、素敵な写真を撮ってみてはいかがでしょうか。

モンパルナスタワー営業時間

  • 月曜日~日曜日 午前11時00分~午後10時30分

パリで一番高い展望台に登って、フランスの首都の息を呑むような景色を楽しんでください。

オランジュリー美術館

オランジュリー美術館は、19世紀に建てられたみかん小屋を利用した壮大な建物で、モネの傑作を含む印象派絵画の貴重なアートコレクションを所蔵しています。オランジュリー美術館では、1930年代から1950年代にかけての作品を多数見ることができます。クロード・モネが設計した2つの楕円形の部屋には、彼の有名な「睡蓮」が展示されています。

オランジュリー美術館の開館時間

  • 水曜日~月曜日:午前9時~午後6時
  • 火曜日: 休館

ピカソ、マティス、ルソーなどの素晴らしい作品に出会えます。

パリ・オランジュリー美術館
パリのパンテオン フランス

パンテオン・パリ

パンテオン・パリは、ラテン地区にある壮大な考古学的遺跡です。パリで最も壮大な光景の一つであり、その壮大さは街のほぼ全域から見ることができます。新古典主義の素晴らしい建築は、歴史愛好家にとって必見の場所となっています。そのファサードは、この建物の最も重要な構成要素のひとつであり、訪れるすべての人に畏敬の念を抱かせます。また、ブラマンテの「テンピエット」からインスピレーションを得てデザインされた魅力的なドームが、この建物の頂上を飾っています。パリのパンテオンは、毎年何千人もの観光客を魅了し、間違いなくあなたの訪問リストの上位に入るべきランドマークの一つです。

パンテオン・パリの営業時間

  • パリ・パンテオンは毎日見学可能です。
  • 4月1日から9月30日までは、午前10時から午後6時30分まで。
  • 最終エントリーは5時45分です。
  • 10月1日から3月31日までは、午前10時から午後6時まで。
  • 最終エントリーは午後5時15分です。